いい天気が続いていますね。

この前まで緑だった麦畑が黄色く色づいてきています。

IMG_1247
苗植えされた田の奥の麦畑に太陽の日が当たりきれいです。左奥の山が医王山です。

 

昨日は、南砺市商工会総代会でした。

会員数は1800名を超え、商工会としては県内でも最大規模とのことですが、もともと4町4村が合併してできた商工会です。行事ごと祭りごとも多く、職員の方たちは1年を通して本当に忙しいことと思います。

福光に関して言えば、昔から商工まつりがあり、中心商店街の商店主たちが町を盛り上げてきました。

中でもねつおくり七夕まつりは、私の子供の頃からの町の一大イベントで、とても楽しい思い出があります。お祭りのおかげで、この町が好きになったと断言できます。

近年は、その七夕まつりに加え、百円市、まちなかリレーマラソン、まちなか文化祭、リアル野球盤大会なども行っています。

どのイベントも商店主たちだけでは無理で、商工会職員さん達にもご協力を頂いています。

昨年から始まった南砺市全体での「まちゼミ」も、職員の方の熱心な働きかけやサポートに助けられました。

IMG_1257
長年理事を務められてきた前福光商業会理事長の野原さんが表彰されていました。

 

総代会は2時間に及びましたが、それだけの内容があり、商工会と地域企業との繋がりはとっても大きいです。

南砺市は、地域の中小企業が盛り上げていかないと!

 

石﨑家具も頑張っていきます。

「端材の利用」

最近いい天気が続いています。

風はさわやかですが、日差しはかなり強くなってきてますね。

CSC_0421-1
富山市内へ向かう途中、頼成の森過ぎたあたり。牧場の向こう側にきれいに立山連峰が見えました。やはり立山はいいですね。

 

 

工場内もやや気温上昇しています。

弊社工場では、毎日ベビーベッドを生産しています。

すると、端材が出ます。極力端材が出ないようにしますが、それでも必ず端材は出ます。

ブナ材(ヨーロッパ産)を主に加工していますので、ブナ材の端材が多く出ます。

敷地内の焼却炉で燃やしていますが、燃やすのも手間がかかります。

とにかく、山ほど端材が出るんです。

端材を何か利用できないか、ということで開発されたのが、スリッパラック、シューズラックです。

年に数回、ベビーベッドには使えない短い角材を使って、ちょっとおしゃれで手軽なラックを作っています。

過去には、楽天市場で売り上げランキングトップになったこともあります。いつも作ってないので、欠品中のこともよくあるのですが。作ればヒットする商品です。

wsoer-newint13-1
シューズラック。1段、2段、4段タイプの3サイズあります。カラーも3色。

 

wsr-intnew02
スリッパラック。こちらは1段、2段タイプの2種類です。

 

それでも、まだ出る細かい端材。

月に1度、ある業者さんに持って行ってもらっているのですが、ブナシメジを育てるためのチップに再利用されてるとのことです。コンテナに貯めてたものをコンテナごと持って行ってもらいます。

燃やさず、有効利用されて一石二鳥です。

IMG_0957
細かい端材。しめじ用に分別されています。

 

その他、お店では端材を利用した工作イベントを企画したこともありました。

端材は、多くの木工場の悩みです。

せっかくの資源なので、有効に利用したいですね。

端材を何かにご利用したい方は、ご一報下さい。

IMG_0958
さまざまな形の端材が出ます。

「インテリアの仕事の魅力」

今日は心地よい風が吹く、良い天気です。

ARTREEでは、店長と若手社員Y君が店の外観掃除をしてくれていました。

軒下テントがきれいになりました。

キャンペーン中でもあり、午前中からお客様の来店もあります。

イラスト入りの手書き看板です。

店内の家具やインテリアを見て、目を輝かせながら会話を弾ませているお客様と社員の姿を見ていると、私も嬉しくなりますね。

コミュニケーションを通じてお互いのことを理解しあっての買い物は、売り手にとっても買い手にとっても、とても有意義で楽しい時間。

お客さんが数組重なり、店内でそういった場面が同時にいくつか見られると、店内がすごい活気になることがあります。

そして、何度も担当社員を訪ねてこられるお客様も。

小さかったお子さんがいつの間にか大きくなっていることも。

嬉しいですね。

一つひとつの会話から生まれるさまざまな提案が、お客様の生活を豊かにします。

コミュニケーションと創造。

インテリアの仕事の魅力だと思います。

「ARTREE」地域の方や工務店の方にあてにされ、必要とされるショップを目指してます。

「年に一度の」

昨日から風が強く、天候が不安定ですね。

風が強い日は、お出かけにも注意が必要ですね。気を付けましょう。

さて、本日の北日本新聞折り込みの「まんまる6月号」に年に一度のキャンペーンを告知させて頂きました。

IMG_1106
まんまる6月号の特集記事の間に広告が入っています。

 

福光、砺波、ARTREEの石﨑家具3店舗合同でのキャンペーンです。

ご来店の方へのスピードくじプレゼント、お買い上げの方への抽選プレゼント、そして弊社の決算期ということもあり、展示商品のセールを各店で行います。

この機会に、3店舗へ足を運んでもらえればと思います。

IMG_1107
砺波店前の手書きブラックボード。

 

抽選プレゼントは、スタッフお奨めで人気のチェアをセレクト。

Aコースは、ハンモックチェア「コンフォルタ」を1名様に。Bコースは、「ニーチェアXロッキング」を3名様に。Cコースは、「ルメスツール」を7名様にプレゼントで、お好きなコースを選べます。

「コンフォルタ」はハンモック部分をスペイン南部の職人ハンドメイドで編み上られています。イージーチェアとして、また、足の部分が伸びるので、一人掛けハンモックとしても使えるチェアです。スペイン南部生まれということで、気分は地中海リゾートですね。

IMG_1103
「コンフォルタ」福光本店で体感できます。

 

「ニーチェアXロッキング」は1970年にデザイナー新居猛氏によって発表された、超ロングセラーのチェアです。多くの人から愛されるカレーライスのような椅子づくりを目指していた新居猛氏の代表作です。軽くて丈夫で持ち運びできて、座り心地が良い。本当に素晴らしいチェアです。

IMG_1108
「ニーチェアXロッキング」砺波店にて体感できます。

 

「ルメスツール」は、日本の家具メーカーが作った木製のネジが軸となったスツールで、高さ調節でき、クッションを外せばテーブルにもなる優れもののスツールです。インテリアにもなり、本当に便利です。2014年にグッドデザイン賞を受賞しています。

IMG_1104
座面が取り外せる「ルメスツール」どのお店でもご覧いただけます。

 

どれも当選した方には、本当に喜んでもらえると思います。

各店舗のスタッフも、どのお客様にプレゼントされるのか、ワクワクしています。

お店で現物を見て試すこともできますので、気になった方はぜひ見にいらして下さい。

IMG_1101
SALE品は赤札POPで表示されています。(画像は福光本店の商品です。)

「ドカベンとリンかけ」

GWも終わりましたが、今年はおおむねいい天気でしたね。

連休中は、多くの県外ナンバーの車を見かけましたが、来県の方がそれぞれにいい思い出を持ち帰って、また来て頂きたいですね。

IMG_1062
私も休みを頂き、バーベキューを楽しみました。

 

この連休中、我が家には、東京から家内の妹家族が遊びに来ており、にぎやかでした。

県外からのお客様をお迎えすると、迎え入れる私たちも改めて地域の良さを感じる機会にもなります。

富山(主に南砺)の旬の食を堪能し、祭りや自然の美しさを楽しみ、地域の人と出会い語らい、3人の甥っ子たちも満喫してくれたようで良かったです。

IMG_1067
知人からのおにぎり3種の差し入れ。とても美味しかったです。写真は家内です。

 

甥っ子たちは漫画が好きなようで、空いた時間は我が家にある漫画本を熱心に読んでいました。我が家の子供たちの漫画を読みつくしたようなので、とっておきの私が昔読んでいた漫画を出してくると、これまた熱心に読んでくれました。時代が違うので、面白くないかもと思ったのですが、「面白い!」といってあっという間に読んでくれて、嬉しかったですね。

 

その漫画とは、「ドカベン」と「リングにかけろ」だったんですが。

昭和40年代生まれの方は、よく知っていると思います。

甥っ子につられて、私もつい「ドカベン」をチラチラと読んでみると・・・。

時代を感じますが、やはり面白い!

IMG_1082
私が小学生のころに初めて買った漫画がドカベンでした。15巻の表紙に惹かれて、15巻を最初に買ったのを覚えています。

 

リング
「リングにかけろ」。日本JRの戦いぶりに熱くなりましたね。

 

山田太郎という地味な主人公にして、出てくる脇役の方が派手で個性的というキャラクター設定が、読んでいて飽きない。ロングヒットの条件ですね。当時はそんなこと考えずに夢中に読んでいましたが。

それにしても、大人になってから読むと、親目線、いや経営者目線になっているせいか、山田太郎の人間性に感動します!

止まらなくなってしまい、夜中の2時まで読みふけってしまいました。

時代を超えても面白い。名作ですね。

「隣のGSにて」

いい天気が続いていますね。

県内行楽地も賑わっていると思います。

本日もアートギャッベ展開催中のARTREEへ来ています。

リネン1
ナチュラルでカラフルなリネンカーテンが増設されていました。

 

リネン2
刺繍入りのリネンカーテン。織柄とは雰囲気が違います。

 

ARTREEのお隣りのスタンド北日本石油さんは、16年前のシュクレオープン以来のお付き合いでいろいろお世話になっています。今回のアートギャッベ展中も、北日本石油さんの駐車場を借りて、スタッフの車を停めさせて頂いています。

スタンド1
ARTREEの向こう側が北日本石油さん。この辺では、ARTREEより目印になっているかもしれません。

 

私も今日停めさせて頂いていますが、途中で忘れ物に気づき、車へ取りに行ったところ、なんとスタンドの店長さんが、私の車を洗ってくれているではありませんか!

なんという心遣い。

確かに2日ほど前、ちょっと汚れているなぁと気にはなっていたんです。

「連休前は忙しいけど、連休中はそうでもないよ。」とのことでしたが、忙しくないとはいえ、頼んでもいないのに洗車をしてくれるとは。よほど見かねたのでしょうか。

「知らないうちにきれいにしておこうと思ってたけど、ばれちゃったな。」と言われてましたが、車を取りに行くときは暗くなっているだろうし、もしその場を見てなければ、その後気が付くことはなかったかもしれません。

店長さんは普段から何かと気が利く方で、私より年上かと思われますが動きもテキパキしています。ARTREEのスタッフからも信頼の厚い方です。

先日もギャッベ展2日目の終わりにスタンドへ車を取りに行き、そのあとスタッフが車を取りに行ったら、「社長さんも、みんなも疲れてるようだね。」と声を掛けて下さり、大阪土産のクッキーを頂いたとのこと。

見えないところで手を抜かないのが職人ですが、見えないところでその人が喜ぶことをさりげなくやってのけるのは、真のサービスマン。

きっと誇りを持って仕事しているに違いありません。

スタンドマン魂を感じます。尊敬します。

 

自分も見習って、仕事に励みます。

「春のとなみ野」

 

 

GW最初の土日はいい天気でした。

この2日間、午前中は砺波店の配達、午後からARTREEへ行ってきました。

砺波はこの時期チューリップフェアで賑わいます。車を走らせていると、きれいなチューリップ畑をいくつか見かけます。桜の後もこんなに色彩豊かなチューリップが見られる砺波平野は、素晴らしいですね。

IMG_0995
わかりにくいですが、下の部分が白色で中がピンク色のチューリップ。

 

IMG_0996
やや濃いめのピンクのチューリップ。

 

また、自宅近所では稲の苗代が育っていました。

早ければ連休中に田植えされるんでしょうか。

これから徐々に田んぼに水が張られ、苗代が植えられるとまたきれいな田園風景が広がります。これもまた贅沢な風景です。

インテリアの仕事は、美的感覚が重要。美しいものを見て心を震わせる感動経験が多いほど、感性が育つのではないかと思います。優れたデザインや美術品に触れたりする経験も大事ですが、自然の美しさを体験することは、自分の人間性ごと磨き上げてくれそうに感じますので、この地に住んでいて、季節ごとに美しいものに触れたり、見たりすることができて、恵まれてるなぁと感じますね。

雄大な自然の美しさにはかなわなくとも、生活の中に癒しや心地良さを感じられる家具やインテリアを追求していきたいですね。

ソファ
広告に掲載中のモルビドソファです。