「旭川家具の魅力」

昨日まで旭川の家具展を視察してきました。

国内では数々の家具産地展や見本市がありますが、旭川の展示会の特徴は、3年に一度国際家具デザインコンペが開催されることです。

1990年に当時のカンディハウス社長の長原實氏が中心となり始められたこのコンペは、世界のデザイナーはじめ、旭川の家具メーカー、家具職人の発展に寄与してきました。

洗練されたデザイン、造形の技術は旭川家具ならではのものを感じます。

今回は683点の応募があり、そのうち25点が製作されていました。

IMG_1653
コンペティションの展示。

 

市場性、独創性、完成度、社会的要請、そして旭川家具の技術力の可能性というポイントが加味されて、選考されます。

実際に座ったりすることができないのは残念ですが、デザインの斬新さや加工技術の高さに驚く作品が今回も出展されていました。製作された家具の完成度が高いのも、旭川のメーカーならではだと思います。

過去のコンペ入賞作品も商品化されていますので、日本の家具を世界にアピールする意味でも、商品化を期待します。

IMG_1656
コンペ金賞のチェア。背からアームの形状が特徴。座ってみたかったですね。

 

 

各メーカーが出展する家具展では、40数社の出展があり、作り手のこだわりが感じられる家具たちが数多く出展されていました。国内や海外のデザイナーと組んで開発された家具もあり、見ごたえのある展示会でした。

実際に、石﨑家具の店舗で導入できるかどうかは、今後メーカーさんと話をしないといけませんが、お店にも新しい風を入れていきたいですね。

IMG_1652
カンディハウスの出展。チェアもベンチも座り心地が良かったです。

 

カンディハウスさんのショールームと、設立2年の若い会社ガージーカームさんの工場を見学し、夜には、取引のあるインテリアナスさんの懇親会に参加させていただきました。社員の方々やデザイナーの村澤一晃さんはじめ、インテリアナスさんとご縁のある岐阜、福岡県のメーカーの社長、取引先の販売店のオーナーさんなど交流を深めました。

インテリアナスさんは、もうすぐ社長交代し、30代の社員が社長として新たなスタートを切るとのこと。創業者がなくなられた後30年その会社を経営してきた現社長さんも、若い後継者に後を任せることに、今後の会社の将来を期待していました。

また、岐阜、福岡県から来られたメーカーの社長は、お二人とも女性で父親の会社を引き継ぎ、経営されているとのことでした。女性経営者が増えている時代を改めて感じました。

どのような方に後を引き継いでもらうかは、いつの時代も企業にとって重要な課題です。

まだ先のことですが、弊社も後で困らないように、人育てや経営基盤を強くしていけるように頑張っていきます。

IMG_1716
インテリナスのショールーム入口。味わいが出過ぎの感も。ですが、加工技術は優れています。

 

二日目は、インテリアナスさんはじめ、メーカーさんを4社まわり、そのうちARTREEで取り扱いのある北の住まい設計社さんでは、工場での職人さんの仕事ぶりも見学させていただきました。非効率的な作業環境、作業工程のかかる加工や塗装を経ての家具作りは、全て自然や人のことを考えての取り組みであることが、社内の一貫した考え方になっているのが感じられました。本当に素晴らしいメーカーだと思います。

IMG_1724
北の住まい設計社。古い小学校の校舎を使った工場。もともとは教室や体育館、用具室だった所が加工場になっています。

 

IMG_1736
伸長式テーブルに使われるレールのパーツ。とても精度よく加工されています。

 

IMG_1740
ヴィーナスの誕生の絵画にも使用されたという、卵の粉と顔料と亜麻仁油と水から作られるエッグテンペラという塗料で塗装されたソファ。塗装工程だけで4週間。お客様のもとへ届いて1年くらいかけて塗膜が定着するとのこと。

 

数年ぶりの旭川家具展で、日本の家具業界の未来と弊社の今後の展開に明るい希望を持って帰ってきました。(まだまだ紹介したい画像はありますが。この辺ですみません。)

「イベント後は出張です」

昨日は父の日でした。多くのご家庭でお父さんたちに、日ごろの感謝の言葉やプレゼントがあったのではないでしょうか。

私には、県外へ行った娘3人からラインでメッセージとスタンプが届きました。

そして、4女からミニシュークリーム(私の好物)を頂きました。

年に1度ですけど、嬉しいですね。

 

そして今日は、いい天気で結構暑い日になりました。

昨日までの福光本店のアートギャッベ展も終了し、朝から搬出作業に追われました。

期間中、ご来店頂いたお客様、本当にありがとうございました。

残ったギャッベたちは、次は長野県松本市へ行くようです。

搬出の後は、店内レイアウト復旧、配達と忙しいです。

明後日からは出張なので、今日できることをやっとかないといけません。

 

出張は北海道の旭川です。旭川の家具展とデザインコンペティションを視察してきます。

旭川は国内有数の家具の産地。もともと素材や作り、デザインにこだわったメーカーが多いところですが、近年は、国内外のデザイナーとコラボして、新製品を開発してくるメーカーが増えています。

メインの展示会場だけでなく、各メーカーがショールームで新作展を開催していますので、そちらもできるだけ見て回ります。展示会は、作り手の話ができる絶好の機会です。

どのような家具に出会えるのか、楽しみです。

(*今回は画像がなくてすみません。)

「全国の経営者たちと」

昨日と今日の2日間にわたり、富山で開催された中小企業家同友会の女性経営者全国交流会に参加してきました。(男性でも参加できる交流会です。)

県内会員約200名、県外から約500名、合わせて約700名の参加があり、昨日の懇親会では石井県知事、森富山市長、田中南砺市長などもお招きし、大いに盛り上がりました。北海道から沖縄まで42都道府県から参加されていました。(本日の北日本新聞、富山新聞に掲載されています。)

今日の午前中は、昭和女子大学総長 坂東眞理子氏の講演でした。

IMG_1559
本日の基調講演。富山第一ホテルにて。

 

女性がリーダーとして活躍できる社会になるための課題がテーマでした。社会の風潮、法律、女性自身の人生観と課題はあるものの、時代とともに環境は変化してきており、今や社会全体が女性の活躍を求める時代となっています。

弊社でも4割が女性社員。現在は、出産後仕事を継続している社員が3名おり、過去には、女性店長も3人誕生しています。女性らしさを活かして、弊社のすべての事業所で女性社員ががんばってくれていますので、これからも女性の活躍の場は増えていくと思います。(もちろん男性社員もがんばってくれています。)

 

昨日は、分科会で静岡県の女性経営者の報告を聞き、良い会社を作るための土壌作りの大切さ(大変さ)を仲間と共に学びました。大勢の会員との交流も刺激になりました。

得られた気付きをどれだけ実践して経営に生かせるかが大切なので、地域社会のため、社員のためにも努力していきます。

IMG_1545
昨日の分科会。グループ討論で、県内外の経営者の方たちとディスカッション。県民会館にて。

 

さて、報告が遅れましたが、先日の会議室リニューアルも無事納品が完了しました。会議室を利用された別の企業の方から今日、「良くなっていましたね。」の言葉を頂き、嬉しかったですね。

CSC_0043
会議テーブル納品後。グリーンを基調にしたコーディネート。せっかくなので画像も大きめに。

 

 

そして、福光本店のアートギャッベ展もあさって日曜日までです。お時間ある方は、ぜひお立ち寄りください。

「会議室リニューアル」

涼しい日が続きますね。福光本店のアートギャッベ展も4日目でした。

展示会期間中は、明日水曜日も営業いたします。

 

さて今日は、朝から地域のある企業さんの会議室の床材施工に立ち会ってきました。

最初は会議テーブルが欲しいという相談だったのですが、話をお聞きしていると、そこでの会議や打ち合わせはその企業さんにとって重要で、会議の雰囲気も良くしたいというご要望だったので、会議室全体の雰囲気を変えるご提案をさせて頂きました。

こちらからの提案は、床材とロールスクリーンの提案でしたが、結果、壁材も変えることになり、先月から壁の張替えや窓枠の塗り替え工事が始まり、本日の床材施工で会議室がリニューアルしました。

situnai
工事前の空間。応接セットが部屋の真ん中にレイアウトされてました。

 

 

明日、会議テーブルとチェア、そしてロールスクリーンを納品する予定です。

もともとは会長室として設えられた部屋で、近年は応接室としてそんなに有効に活用されてこなかったとのことでしたが、リニューアルを機に有効に利用されればいいなと思います。

IMG_1526
床材施工前。壁は明るい木目調に変わりました。

 

家具納品後、どんな風に変わったか、またご報告させていただきます。

「久しぶりに母校へ」

今日はいい天気になりました。

昨日の雨で県内の県立高校の体育大会が今日に順延されたところも多かったと思います。

今年から母校の学校評議員の役を仰せつかり、32年ぶりに体育大会を見に行きました。

(仕事の関係上、ほんの最初の1時間だけでしたが。)

懐かしい先生にも会えました。

中学校PTAの時にお世話になった先生方が来賓として来られていたり。

私が在学中、講師だった先生が、校長先生になられていました。

IMG_1482
昨年優勝の黄団が先頭で入場。

 

正々堂々とした入場行進の後の開会式。

生徒たちのきびきびとした動きや選手宣誓などに、当時の自分を重ね合わせて懐かしく見ていました。

現在ちょうど我が家にホームステイしている留学生も参加しているので、出場していた大縄跳び競技も注目で、ひそかに熱く応援していました。

IMG_1486
大縄跳び競技。やはり3年生が上手でした。

 

大会テーマは「Power of Unity~最高の瞬間を仲間と共に~」。

いいテーマでした。担当の生徒からアナウンスされたのを聞いて、なぜか熱くなりました。

歳なんでしょうね。

生徒たちには、体育大会も含めて、充実した高校3年間を良き仲間とともに過ごしてほしいです。

友は人生の心の支えになります。

IMG_1493
医王山が見守ってくれています。

 

少子化でクラス数も減り、やはり当時と比べるとやや寂しい感じもありますが、それでも生徒たちはひたむきに頑張っていました。

子供たちのためにも地域のためにも地域の高校は無くさないで欲しいと思います。

 

さて、今日はお店にアートギャッベがたくさん届き、明日からのイベントの準備をしていました。

今年は例年より枚数が多く来たようで、売り場も予定していたスペースで収まり切れませんでしたが、先ほどようやく準備が完了しました。

朝から高校生たちに元気を頂いたのが良かったようです。

「キャンペーン抽選行いました」

6月に入り、今日から九州地方が梅雨入りしたそうです。
ここ北陸地方も梅雨入りの時期が気になるところです。

石﨑家具3店舗では、毎月初旬に店長会議を開いています。
会議では、各店長から毎月の報告を受けて、いろいろと意見や情報を交換して、今後の店運営について話し合っています。

今日はその会議でしたが、会議後、先月の3店合同キャンペーンの抽選を行いました。
5月13日からのキャンペーン開始後、多くのお客様にご来店頂き、ありがとうございました。
応募いただいた抽選用紙を、ARTREEに集約しまして、各店長、ARTREEスタッフが見守る中、A,B,Cコースそれぞれの抽選いたしました。
Aコース1名、Bコース3名、Cコース7名の合計11名様が当選されました。
ご当選のみなさま、おめでとうございます。
当選、プレゼントのお届けに関しては、担当店舗スタッフからご連絡させて頂きます。

抽選前の仕分け作業。間違いのないようにコース別に仕分けます。

さて3店舗合同のキャンペーンは終了しましたが、6月は福光本店で、アートギャッベ展を開催します。
ARTREE前のシュクレの頃から、アートギャッベ展を開催してもう10年くらいになりますが、ギャッベ認知度の広がりを受け、3年前から福光本店でも開催するようになりました。
良質の家具と同じかそれ以上に、人々の暮らしに癒しや寛ぎを与えてくれます。

今年は、大小合わせて250枚程のギャッベが展示されます。
期間は、6月10日(土)~18日(日)です。14日水曜日も営業いたします。
アートギャッベについては、弊社HPのギャッベサイトで詳しく知ることができますので、ぜひご覧ください。
アドレスはこちらです。↓
http://www.ishisakikagufukumitsu.com/gabbhe.html

「伝統と革新」

衣替えの季節、6月に入りましたね。

先日、砺波店のスタッフと一緒に東京と埼玉へ出張に行ってきました。

来季のひな人形の展示会です。

東京は人形の大手メーカーが居並ぶ浅草橋の久月さんへ。埼玉は人形の町として有名な岩槻市、東玉さんの展示会へ行ってきました。

IMG_1329
東京浅草橋駅前の久月。

 

IMG_1331
岩槻駅前の東玉。

 

両社とも創業は江戸時代、160年以上の歴史ある会社です。

明治維新や2度の大戦などを経て、会社の歴史を繋いできたということに、本当に驚きます。

ひな人形は、女の子の誕生に際し、その子の厄除けとして家に飾り、ひな祭りを楽しむ日本の伝統習慣として長く親しまれています。

しかし核家族化や住宅事情、ライフスタイルの変化により、この20年でひな人形飾り自体が大きく変化してきました。

私が石﨑家具に入社したころ(20年前)は、まだ7段飾りが主流でした。人形も15人揃っており、お届けして飾りつけするのに、大変時間がかかっていたのを覚えています。都市部より小型化の波が遅かったのは、砺波地方の住宅事情や嫁入り習慣が根強く残っていたからだと思います。

しかし、人形飾り小型化の波は、当然こちらにも押し寄せ、数年前には当店でも7段飾りは展示されなくなりました。(お雛様の歌に出てくる五人囃子や右大臣、左大臣などが揃わないのは、大変残念なのですが。)

また、お客さまのニーズも多様化してきました。

 

その間、人形メーカーは様々な商品開発をして、多様化させ、社会のニーズに対応してきました。人形飾りの形式にこだわらず、段数を減らしたり、収納しやすくしたり、また人形の顔も現代風に種類を増やしています。国内デザイナーやリカちゃん人形とのコラボといった試みも人気を得ています。

他にもたくさんの試みがあり、失敗も数知れずあったかと思います。

しかし、そのような革新的な挑戦があったからこそ、この国の習慣が廃れず、現在も日本中でひな祭りを各ご家庭で楽しめているのだと思います。

伝統を守るために企業は革新し続ける。そのことを体現している会社だからこそ160年以上もの歴史に重みを感じます。

IMG_1414
3年前に頂いた久月の180年の足跡を記した本。歴史上の様々な出来事が企業に影響を与え、それを乗り越えてきたことがわかります。

 

もちろん企業の長寿命の理由は革新だけではありません。ですが、このようなチャレンジ精神を弊社も見習って、社会ニーズに応える商品やサービスを提供していきたいと思います。